事業概要

          令和4年度 活動方針

 

令和4年度に入って、新型コロナウィルス感染も第7波に入ったといわれる中、国の新年度一般会計予算は対前年度比0.9%増の約107兆6千億円、県の一般会計予算は対前年度比2.6%増の約6,415億円となっている。

国の経済対策に基づく16か月予算と連動し、県では、令和3年度補正予算(1月、3月)と一体的な15か月予算となっており、この県の一般会計予算の中で、普通建設事業費として防災、減災、国土強靭化対策を含めて、国補助・県単独・国直轄事業が約1千億円計上されている。

コロナ対策を行いながら、地域経済の回復を目指す予算となっているが、昨年度の県の舗装事業は約45億円で、年々増加傾向にはあるが、今年度は国土強靭化対策の中に舗装予算もメニュー化されていると聞いているので、4年度においても更なる発注増を期待したい。

建設業界では、今後も少子高齢化による担い手不足、あるいは働き方改革の波を受けることになるが、舗装協会の存在を高め、会員企業の経営安定を図るため、令和4年度の事業計画を下記のように計画した。

(1) 受注機会の確保

 1.県土整備部との意見交換会

 2.国政・県政に対する陳情活動

(2) 技術の研鑽のための研修、資格取得のための講習

 1.1・2級 舗装施工管理技術者資格取得受験準備講習会

 2.()宮崎県建設技術推進機構と連携した各種技術講習会

 3.学識経験者などによる道路技術講習会

 ・今年度は、(一社)日本道路建設業協会九州支部と宮崎県舗装協会の

  共催で、九州7県より参加者を募集して、宮崎県で開催する。

(3) 関係機関および会員相互の連携と情報交換・意見交換

 1.県南・県央・県北各支部会員の連携および意見交換

 2.県土整備部 関係各課および出先事務所との情報交換・意見交換

 3.九州沖縄の各県舗装協会との連携・情報交換

 4.各種団体が主催する会議やイベントへの参加

(4) ボランティア活動や災害対応活動

 1.宮崎県産業開発青年隊員へのボランティア出前講座の実施

 2.防災連絡会議、防災訓練等への参加

(5) 協会運営のための各種会議、行事の開催

 1.舗装協会創立50周年記念行事の開催と記念誌発行

 2.役員理事会の開催

 3.専門委員会(総務・技術委員会)の開催




トップページ

会長挨拶

事業概要

役員一覧

会員一覧

お知らせ


Powered by Movable Type 7.9.1
カウンターカウンター